FC2ブログ

古民家再生

古民家の再生現場で私の担当はお風呂。

■暑い中、組立業者さんにつき合っています。

ユニットバス

通常、ユニットバスを組み立てる場合、最低、柱があり天井、窓がある状態で
行うのが普通。高さが微妙なために、大工さんより「先にお風呂をくみたてて。
それに合わせて屋根を出すから」と。

そんなむちゃなと思いながら、組み立て業者さんに無理を聞いてもらう。
この組み立ての石田さんとは長い付き合いなので、「しゃーない。やろう。」
一発OK.苦肉の策でした。

■無事組立完了の一坪のお風呂。

ユメリア1616

途中は露天風呂かと思われたお風呂もお見事。石田さんいつも感謝します。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する