煙突工事は現地だけではありません。

一昨日の近畿地方の大雨以来、今週は毎日しぐれています。

「●●屋殺すにゃ刃物は要らぬ。雨の三日も降ればよい。」
天候に左右される商売人のことをからかってよくこのように
言いますが、薪ストーブ店も、屋根に登れずこれまたしかり。

ただそんなことも言っておれません。雨にも負けず、風にも
負けず。

■ 雨で登れないなら、屋根に下まで降りてきてもらいましょう。

模擬チムニ

ご近所で工事をさせていただいているサンルーム貫通カ所
のチムニを再現してます。

■実際はこんな感じなのですが。

チムニ
実物とは少し違いますが、外寸と勾配は合わせています。

お客様のほとんどが、煙突部材は規格・標準品を用意すると
思われますが、雨仕舞の部材はメーカの標準品ではまかなえ
ないことが多いのです。

屋根といても材質や勾配も違えば、貫通する位置によって周
りの接点との逃げ方(雨の侵入防止)が一様にはいきません。

このサンルームも同様で、この現場に合わせた加工、特注と
工夫が必要となります。

一応、図面は書くのですが、これを見せたり、添わせたりす
れば板金屋さん、溶接屋さんに指示にしやすい。先ほどの話、
屋根登れない今日は、図面と模擬チムニを持って加工所をめ
ぐりをしたのでした。

■ おかげで何とか特注部材もそろい、明日こそ晴天になる
ことを望みます。

煙突工事現場対応

お見積り書、請求書に煙突工事代金と記すも、現場にお邪魔
した時の工事費用だけでなく、こんな雨降りのお客様の目の
届かないところにも発生していることを分かってもらえればう
れしいのですが。

by アリとキリギリス