FC2ブログ

待望、ダッチウエスト火入れ式

京都府綾部市O様邸。今年新築時にお声をかけていただき、
あの夏の炎天下に工事をさせていただきました。

「この冬が楽しみと」言っていただいていた。近畿北部も朝晩
はやや冷え込みだし、今日、待望の火入れ式をさせていただ
きました。

O様邸には弊社ショールームに展示していたダッチウエストの
FA209(廃盤)をご購入いただきました。廃盤になったとはいえ
コンパクトでありながら、キャタリックコンバスター(触媒)搭載
の高出力な薪ストーブ。

火入れ式は、まだ燃焼室に灰や燃え残りがない状態なので
時間がかかることが多いが、ご主人が苦労をされて近くの山で
集めておられた、よい炊きつけに恵まれたのか、一発着火、巡
航運転に直ぐ達することが出来ました。

■薬品会社の炉の解体時、ご主人が譲り受けられた耐火煉瓦
 で炉台は出来ている。

PA130192_convert_20081029182422.jpg

技術者であるご主人と、またもや薪ストーブ談義になり帰る時間を
忘れてしまうほど、楽しい火入れ式となりました。

■火入れ式の指導料の代わりに自家栽培のさつまいもを
 いただく。(いったい何本連なっている?)

PA130195_convert_20081029182127.jpg
 
このさつまいもがまた美味しいのです。
ご来店いただいたお客様にストーブ料理でこの冬に振舞う
ことにしたいと思っています。

薪ストーブの前には魔法の時間がある。
また今日も痛感する一日となりました。

                              by アリとキリギリス